気づきや学び

有頂天になるのはドボンの人生が待っている

有頂天という言葉があります。

喜びが大きすぎて舞い上がること、喜びの絶頂という意味です。

例えば、

宝くじで当たった!

投資でうまく儲けることができた

事業で成功した

オーラが見えるようになった

過去や未来が見えた など。

実は、有頂天になると恐ろしいことが待っています。

有頂天になりやすい人ほど、人生転落していくのです。

 

有頂天になることは地獄の始まり

有頂天から始まる地獄という言葉があります。

私は無宗教ですが、仏教ではその地獄のことを無間地獄というそうです。

無間地獄とは、大悪を犯した者が、死後絶えることのない極限の苦しみを受ける地獄。仏教でいわれている八大地獄の八番目。 (gooより引用)

その有頂天の状態から恐ろしい無間地獄に落ちるというのが仏教の考え方です。

 

浮かれる、有頂天になるというのは完全に我を忘れている状態です。

例えば、アフィリエイトをしていて100万以上稼げるようになったとき「自分はほかの人よりもすごい」と過剰に評価しまう。

スピリチュアルセミナーでよくあるのは、「あなたは素質があるわ」「やっぱりあなたの天命なのよ」とおだてられてその気になって「自分は選ばれた人なんだ」と特別に思う。

たまたまなのに、占いでお客さんがどっとやってきていい評価や感想を立て続けにもらったとき、自分に才能を見出し、この道一本で食べていこうと思う。

また、自己啓発本をたくさん読んで「自分は出来る人間だ」と思い込み、他人よりも自分のほうが断然賢いと思って、優越感に浸る。

 

有頂天になって怖いのは、この後大失敗をしたり、詐欺に遭ったり、こんなはずではなかったと苦しむはめになることです。

悪しき存在というのは有頂天状態になった人間を好みますので、こういうのが憑くともう救うことができなくなります。

人生の豊かさとは?の本当の意味を知って人生が変わった

有頂天にならないためにできること

褒められて嬉しい、実績が出てうれしいというのは、単なる「嬉しい」という感情です。

それ以上になって気分が高揚していくと「自分を偉い、すごい、なんでもできる人間」と過信してしまうのです。

自分は出来る奴だと思うようになると

・安い仕事は引き受けない
・人の気持ちは考えない
・人を馬鹿にする
・差別的発言さえでてくることがある
・心に隙ができて詐欺に遭いやすくなる
・威張る
・自分が詐欺を働くことがある

 

どんなにスキルが人よりも勝っていても、仕事がバリバリできても、褒められても、謙虚さを持つことはとても大事です。

また、自己啓発本は読んだら自分もなんだか成功しそう、いい人間になれそうだと錯覚しますが、実は作者の偏った考えがあり、読み手に間違った自信を持たせやすいので読むべきではありません。

【罠】人生成功したいから自己啓発本を読んだが…逆に

いつも地に足がついている状態だと、自分を見失うことなく、正しく判断もできるので、それを常日ごろから意識していきたいですね。

有頂天になってたなという時も思い出して、もう二度とそんな風にならないようにしようと反省すればいいと思います。

繰り返しになりますが、有頂天になってしまうと、運が降下していき、悪霊もつきやすくなり、ドボン人生が待っています。

どんな時も舞い上がらないようにしたいものです。

神様から好かれる人というのも聞きましたので参考にしてみてください。

神様に好かれる人の特徴と嫌われるタイプ(直接聞いてみた)

 

-気づきや学び
-

error: Content is protected !!

© 2021 Spica Powered by AFFINGER5