気づきや学び

神様が話す中絶についてのスピリチュアル的な意味に驚愕!

赤ちゃんがお腹の中に宿ったけれども、やむを得ず中絶しなくていはいけなくなって、今も後悔したり、ごめんねと自責して苦しんでいる女性が世の中に多くいます。

先日、意図的に命を絶ってしまった赤ちゃんに対してどんな供養をしてあげるのがベストなのかわからないという相談も受けました。

それに対して、神様からメッセージアドバイスをいただきましたので、まとめていきます。

命の問題だけあってちょっと厳しいです。

中絶するとスピリチュアル的にどんなことがおきてくるのか

天の方
生まれてくるべき命を絶つことは、命を軽率に扱っていることになるので、カルマを作ることになるぞ

双方合意の性行為というのは、赤ちゃんが宿る可能性があるとわかってやっているので許されないこと。

天の方
不安や心配事があっても、腹をくくり、中絶することなく育て上げることができれば、この親の人生は悪くはならならん。

そういう人は神様は見捨てないといわれています。

困ったことがあれば、国や地方自治体の援助サポートをフルに利用すればいいのです。

腹をくくる、育て上げる、これがかなり重要ポイントらしいです。

それでも中絶を選んだ人の人生はどうなる?

中絶を選んで、生まれるべき命を絶ってしまった人はカルマが出来てしまういのですが、

青龍さん
この世で必ずしも悪いことはおきるわけではなく来世で起きる

例えば、自分が親から見捨てられたり、酷い親に当たって一生苦労を味わったり、親とのトラブルが絶えなかったり。

自分の子供というよりも親との問題を抱えるそうです。

当時の事情があってどうしても育てられないとか、どんな理由であれ中絶することは絶対にいけません

因果応報は必ずある!スピリチュアルな意味は実は…

中絶してしまった人は亡くなった赤ちゃんにどんな供養をすべきか

やってしまった後、絶対にカルマはなくなりませんが、軽くすることはできます。

供養としては、水を毎日仏壇にあげて、「自分は元気でがんばっているよ、あなたの分まで一生懸命生きるからね」と言ってあげてください。

そして、生んだ子供を精一杯愛すること。

また、これからの生き方ですが、

・人の役に立つことを積極的にやる

・人の喜ぶことをする

・スピリチュアル的な生き方をする

自分本位に考えずに、人から喜ばれるような人になる努力をするようにしてください。

そうすると、光が集まってきて困ったときに神様たちからのサポートがあります。

にっちもさっちも行かなくなったときときに、助け船がやってくるのです。

人生の豊かさとは?の本当の意味を知って人生が変わった

中絶であの世に逝ってしまった子の思いとは

中絶された子どもはどんな思いでいるのか気になると思いますが、割と淡泊です。

生まれるのを挑戦しようと思ったけれどできなかったことが残念。

悲しみよりもむしろ残念という思いのほうが大きい

その気持ちを全く引きずらないで次また生まれる機会を待つという思いです。

赤ちゃんをおろしてしまった母親を責める気持ちはさらさらないので、だから、悲しんだり落ち込んだりしないでください。

ただ、何度もいいますが、最終的に赤ちゃんを生まれなくしたカルマが母親に残るだけ。

カルマを軽くする方法は上にお伝えしましたので実践してください。

こちらも参考に↓

流産のスピリチュアルな本当の意味と水子は成仏できている?

中絶を考える前に…スピリチュアルな意味があるということ

これから中絶しなければならないと考えている人は、カルマをもつ覚悟を持つことです。

いかなる理由があれ、中絶することは殺人なので神様は反対されています。

育てる自信がない、経済的に無理、親の反対などの理由から赤ちゃんを下ろすことを決断するのでしょうが、たとえ困難な状況がこの先まっていたとしても、そのタイミングで生まれるということは、スピリチュアルな意味があるのです。

自分や自分の両親、生まれてくる子供、全員の魂の修行が始まるのです。

それは、やっぱり事前に決められているので生まれる意味があるのですよ。

それをやらなくちゃ、また来世でも同じようなシチュエーションに出くわすのかもしれません。

偶然に受精してお腹の中に宿ったのではなく、必然的です。

起きてくる全ての現象に意味があるということをいつも忘れないようにしてください。

 

-気づきや学び
-

error: Content is protected !!

© 2021 Spica Powered by AFFINGER5