気づきや学び

未来予知の占い結果を知った後の行動が大切

レン太郎ですが、未来予知ができるようになりました。

例えば、明日何かありそうなことは顕著にわかるそうです。

学校の友達に「Kくん、明日、先生から叱られそうだから気を付けて」と伝えたら、その日、なんとか回避できたようでかなり喜ばれました。

最近毎日、友達に占いをしてあげているそうです。

予知というと、レン太郎が霊視でみたときに見えるカードもその類です。

時々ですが、私たちの肩に「幸福」とか「不運」とか「喧嘩」などと書いたカードが1枚貼られているそうです。

幸福カードがあるときは、お客さんが購入してくれたり、人からお土産をもらったり…

ハッピーなことが終わると瞬時に貼られていたカードは消えます。

喧嘩カードが私に貼られていた日、ドライブの途中、私が子供の喧嘩で叱って、目的地に行かずに家に帰ったということもありました。

未来予知って面白いです^^

ただ、未来予知占いは2年後、3年後、5年後…と遠くなればなるほど当たらないものです。

特に子供は可能性がありすぎて、未来なんてわかりませんね。

タロット占いでも未来を見るのは最大1年以内です。

5年後をみてほしいと依頼されたことがありますが、正確ではないのでとキャンセルしたことがあります。

今回は、未来予知を占いでやってもらったとき、どう心得ていくのが最善なのかについてお話します。

 

未来予知がコロコロ変わるのは自分のせい

今までに、私も力のある方に未来をみていただいたことがあります。

最初のころは、「うわぁ、未来がわかるなんてすごい!ワクワクする♪」と思って感動したこともありましたが、聞くたびに私の未来は変わっていっているのです。

その占い師が当てきれなかったとかではありません。私自身が未来を変えたのです。

ある時は、今から右肩上がりの未来といわれ喜んでいましたが、ある時はドボンの未来が待っているといわれショックでした。

中には「もう死んでもいいかな」とふらふら~と道にでてトラックに魅かれて事故で本当に死んでしまう、という最悪な未来もありました。

毎回未来予知が変わっていくのは、自分の生き方がや考え方に基づく行動のせいです。

悪い未来を教えてもらったときは、自分の生き方や考え方を内観して改め、未来を修正していきました。

これから、また未来がどうなるかわかりませんが、レールから外れないように「ぶれない自分」を意識していくつもりです。

こちらも一緒に読まれるといいです↓

人生の豊かさとは?の本当の意味を知って人生が変わった

何をしてもうまくいかない人生であるのははっきり原因がある

理想の未来は自分の手で創り上げるもの

未来予知をしてくれる占いなら、電話占いやココナラがあります。

未来がどうなるか興味があれば利用してもいいと思いますが、気を付けるのは良いことを言われた場合です。

自分の未来が幸せで明るいといわれると安心しきってしまいますが、実はこれが落とし穴。

どうせ未来は大丈夫だから、幸せになるんだからと思うとこれからも努力すべきことを怠ったり、手を抜いたりしがちです。

また、安易な考えに走るということもあります。

そうなると、途端に未来は予期せぬ方向へ向かっていきます。

一方、よくない未来予知をされると、気持ちが沈みますがそれは一時的なものですし、そうなりたくないから気を付けようとか、なんとか修正しようと思って生きるのでいいことだと私は思います。

これは”気づき”ですね。

 

ですので、もし、占い師から「あなたの未来は幸せだ」とか「理想が叶う」とか言われた場合、その明るい未来の状態をキープするために、今の自分の生き方や考え方の軸がぶれないようにしましょう。

そして、今以上に努力することを意識して毎日過ごすことをおすすめします!

こちらの記事も参考に↓

徳を積むことは実は超簡単!運気が上がるのでぜひ!

-気づきや学び
-

error: Content is protected !!

© 2021 Spica Powered by AFFINGER5